スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイトルなし

Hさん(県外在住)
-----------------------------------
一度だけ山田先生に相談したことがあります。鎌田(福島市)でおこなわれた健康相談会でした。
子供2人をつれてY先生の前に座った時、記者さんが写真を撮り始めたので、「撮らないでください!」と言ってびっくりされたのを覚えています。
先生は、健康に影響があるかどうかははっきり言えないというスタンスでいらしたと思いますが、正直、yesかnoかを伺えると思っていたのでがっかりしました。
でも、2年たって、個人の身体の感受性の強弱、食事をはじめとした生活習慣、放射性物質に対する知識と心構えによって本当に出てくる答えは千差万別で、わかりやすい回答は存在しないのだということがよくわかりました。

震災の時我が家は、私の仕事が安定してから5年が過ぎ、まだ離婚はしていませんでしたがまずまずの収入で、子供たちは2人とも発達障がいで不登校でしたが健康で、素直で、折に触れてスノボやものづくり、ペンションやホテルでの宿泊体験、電車やバス、自家用車での小旅行など、少しずつ外の世界と触れ合って、自分の人生を見つける手助けをしてあげられると思っていた矢先でした。
二人とも外出は最小限でしたので、初期被曝は少なくて済んでいるはずですが、自宅アパートの線量が高く、引きこもっていても日々被曝している状態でした。
加えて、被曝の事、震災の事など、オープンに話せない雰囲気がどんどんエスカレートしてきて、このままだと、子供たちは障がいと不登校に加え、被爆地にいるということで、福島へ囲い込まれたまま、将来を選ぶことすらできなくなるような気がして、いたたまれなくなりました。
私自身、人間関係が苦手で、友人もほとんどなく、日々見えない放射線にからめ捕られるような息苦しさが増していて、苦しかった。

保養に出ようにも、発達障がい児を受け入れる団体はほとんどなく、フルタイムで収入を得なければ生活できない身としては長期の親子同伴の保養も選べず、
やっとこちらの県のバスツアーに潜り込みました。

長野との県境なのでかなり田舎で、首都圏からロハスな暮らしをしたくて、あるいはアーティステックな暮らしがしたくて移ってくる方が多い土地柄で、
ここなら、子供たちも自分たちが人と違うなどと比較しなくて済むような気がして、仕事も家もすべて「捨てて」引っ越してきました。
福島にいるころから、CRMSにとても親しみというか、近しい感じがしていました。
それはみなさんのお人柄だけかと思ってましたが、それだけではなく、正しい情報を得て、共有して、判断するという、コンセプトも大きかったなと。今でも、何かみんなと一緒に、同じ方向を向いて「仲間」に入れてもらいたい気持ちがあります。
でも、出てしまった人間は、もう外の人間なんだなと、つくづく思います。これは外部からのではなく、内面からそう思います。
私のように、特に人間関係がなかった人間でもそうなのだから、ネットワークがあった方々のつらさはいかばかりかと思います。

私は被害者ではないなぁと、そう考えるようになりました。家族の中で私が一番被曝している(3月13日から平日はずっと勤務と食糧確保に外出していた)から、覚悟はしています。
そう遠くない未来に、体調不良が起こるかもしれないと思っています。
現在もいろいろあるけれど、それはしょうがないと思っています。子供たちに私ができることは、ここの比較的安全と思われる食物を食べてもらうこと、なるべく楽しい思いをさせること、
そして、私がいなくなっても強く生きていけるように心がまえを伝えること。
そして、もし子供たちが病気になったら、くじけないで人生をぎりぎりまで生ききられるように心を強くもってもらうこと。

今はそう思っています。


タイトルなし

ゆかさん(県外在住)
------------------------------------
震災から2年なんですね…
私にはまだあの当時のままです。
自宅の除染も全くしていませんから。

いくら放射線量が高くても、その数字を詳しく知ることがなければ、食べ物が汚染されているかもしれないなんて、いちいち深く考えなければ、何も変わらない生活をしていられます。

でも、こんな桁の放射線量を、本当は浴びながら生活を続けていてはいけないという事実を知ってからは、平常心で生活などできません。

子どもがいたら、尚更。でも、解っていながらも生活を続けるしかない人もいます。

この状況は、その立場にならなければなかなか伝わる事がないかもしれません。動ける人と動けない人が生まれ、分断もあちこちで起きてしまう。

復興が先だって、除染が進まないのにもかかわらず地元に戻そうと頑張っている行政。

そうしないと、丸く収まるものも収まらないから、騒ぐなと言うのでしょう。

悔しいですが、私達の声は小さすぎてなかなか届きません。
こういった現状は、今後どこの原発が爆発しても殆ど変わらず、むしろ避難区域を狭めてしまうのではないかと危惧します。


タイトルなし

Happinessママさん(県外在住)
-----------------------------------
県外に避難し借上住宅に済んでいます。就園前の子供がいます。心配なのは、子供が福島から来た子と差別されないかということ。

2年前引っ越して来た当初、車の「いわき」ナンバーを見て、眉をひそめている人達がいて、辛くなってしまったので、これからが心配で車のナンバーを変えました。

今は子供が小さいので、親子だけで過ごす時間が多いので、避難前と環境はさほど変わりません。でも幼稚園、小学校へ進んだら、いつまでも避難者であることを黙っているわけにもいきません。

母子手帳は、被災地名が書いてあるし、戸籍も前の被災地のままです。(そのうち戸籍変更したいです)

育児サークルでも未だに避難者だと打ち明けられません。反応が怖いです。でも、きっとその時が来ます。不安です。

現在アパートは家賃免除、医療費も免除。とてもありがたいですが、周りの方はどう感じているのでしょうか?通院の旅、迷惑がられているのでは?と気になって仕方ありません。

一生、避難民という負い目を持って過ごさなければならないのか心配です。被害者意識が強くなってしまったような気もします。

子供は、あのときまだ0歳でした。何も知らないのです。今でも放射能の存在を知らないのです。地震には異常に怯えていますが、これから成長するに従って余計な辛さを味あわせたくありません。

また万が一、放射能が原因で病気になってしまったら、家族で非常につらい思いをするでしょう。

日本の皆様、絆という言葉を使うなら、福島から避難している、また福島にいる子供達を温かく優しく見守って、接してくださると嬉しいです。

(周りには、親切にしてくださる方がいらっしゃいます。私が過剰に心配しすぎているだけかもしれません)


タイトルなし

Aさん(避難⇒県内在住)
-----------------------------------
お母さん、あなたならこんな時どういう選択をしたのでしょう?

あなたは、食の安全、添加物や、農薬、地球環境にも注意を払って子育てをしてくれていましたね。

いま、信じられないコトが次々と起こっています。

3.11以降見えない物に怯えて生活する毎日。一時避難もしました。

たくさん手を差し伸べてくれる方もいました。優しい言葉をかけてくれる方もいました。けれども、子供達はいつ帰れるのか、いつ家族に会えるのかと不安な表情を浮かべていました。三歳の上の子は赤ちゃん返りが激しくなり、トイレも一人で行けなくなり、おもらしをするようになってしまいました。

下の6ヶ月の子は夜泣きをするようになり、たまに会う父親に会っても忘れているのか、なつかず泣く始末。。。知らない土地での子育ては想像以上に大変でした。
福島の情報もほとんど入らず、地元はどうなっているのか知りたい気持ちでいっぱいでした。

結局、放射能の前に精神的にダメになると思い、避難はあきらめました。けれども、私はいまだにこれで良かったのか悩み続けています。

帰ってきても、除染は一部だけ。線量計を持って生活する状態。口に入る物は全て汚染されているのではと疑い…線量を測りながらと不安はつきません。事故直後、母乳と下の子の尿検査もしてもらいました。下の子の尿検査の結果内部被曝していると言われました。ショックでした。
けれども、そんな時いい出会いがありました。食べ物は信用できる所から買い、子供には食べさせるようにしました。

休みの日はなるべく線量が低い場所へ出掛け外遊びをさせてあげるようにしています。
子供は外遊びが大好きだから。

弱音ばかり吐いてはいられませんよね。苦しんでいるのは自分だけではない!今の置かれている状況でいかに上手に生きれるか、そう自分に言い聞かせて…

でも、ふとあなたならどんな選択をしたのだろうと考えます。


プロフィール

FnnnP事務局

Author:FnnnP事務局
福島乳幼児妊産婦ニーズ対応プロジェクト(FnnnP)では、原発事故後、小さな子どもを抱えるご家族を中心に、福島県からの保養・避難のサポートや実態調査を行ってきました。同様に、 福島県内の子育て団体と協力し、実態調査を行い、明らかになったニーズに対応してきました。
(公式ブログ:http://fukushimaneeds.blog50.fc2.com/)

※なお、お手紙の掲載にあたりましては、ご本人の了承を得て事務局より連絡し、掲載の最終確認を頂いたお手紙のみを掲載しています。また、お名前や居住地等もご希望に沿い、修正や削除の希望がない限り原文通り(誤字等も含む)、全文を記載しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。