スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイトルなし

Hさん(県外在住)
-----------------------------------
一度だけ山田先生に相談したことがあります。鎌田(福島市)でおこなわれた健康相談会でした。
子供2人をつれてY先生の前に座った時、記者さんが写真を撮り始めたので、「撮らないでください!」と言ってびっくりされたのを覚えています。
先生は、健康に影響があるかどうかははっきり言えないというスタンスでいらしたと思いますが、正直、yesかnoかを伺えると思っていたのでがっかりしました。
でも、2年たって、個人の身体の感受性の強弱、食事をはじめとした生活習慣、放射性物質に対する知識と心構えによって本当に出てくる答えは千差万別で、わかりやすい回答は存在しないのだということがよくわかりました。

震災の時我が家は、私の仕事が安定してから5年が過ぎ、まだ離婚はしていませんでしたがまずまずの収入で、子供たちは2人とも発達障がいで不登校でしたが健康で、素直で、折に触れてスノボやものづくり、ペンションやホテルでの宿泊体験、電車やバス、自家用車での小旅行など、少しずつ外の世界と触れ合って、自分の人生を見つける手助けをしてあげられると思っていた矢先でした。
二人とも外出は最小限でしたので、初期被曝は少なくて済んでいるはずですが、自宅アパートの線量が高く、引きこもっていても日々被曝している状態でした。
加えて、被曝の事、震災の事など、オープンに話せない雰囲気がどんどんエスカレートしてきて、このままだと、子供たちは障がいと不登校に加え、被爆地にいるということで、福島へ囲い込まれたまま、将来を選ぶことすらできなくなるような気がして、いたたまれなくなりました。
私自身、人間関係が苦手で、友人もほとんどなく、日々見えない放射線にからめ捕られるような息苦しさが増していて、苦しかった。

保養に出ようにも、発達障がい児を受け入れる団体はほとんどなく、フルタイムで収入を得なければ生活できない身としては長期の親子同伴の保養も選べず、
やっとこちらの県のバスツアーに潜り込みました。

長野との県境なのでかなり田舎で、首都圏からロハスな暮らしをしたくて、あるいはアーティステックな暮らしがしたくて移ってくる方が多い土地柄で、
ここなら、子供たちも自分たちが人と違うなどと比較しなくて済むような気がして、仕事も家もすべて「捨てて」引っ越してきました。
福島にいるころから、CRMSにとても親しみというか、近しい感じがしていました。
それはみなさんのお人柄だけかと思ってましたが、それだけではなく、正しい情報を得て、共有して、判断するという、コンセプトも大きかったなと。今でも、何かみんなと一緒に、同じ方向を向いて「仲間」に入れてもらいたい気持ちがあります。
でも、出てしまった人間は、もう外の人間なんだなと、つくづく思います。これは外部からのではなく、内面からそう思います。
私のように、特に人間関係がなかった人間でもそうなのだから、ネットワークがあった方々のつらさはいかばかりかと思います。

私は被害者ではないなぁと、そう考えるようになりました。家族の中で私が一番被曝している(3月13日から平日はずっと勤務と食糧確保に外出していた)から、覚悟はしています。
そう遠くない未来に、体調不良が起こるかもしれないと思っています。
現在もいろいろあるけれど、それはしょうがないと思っています。子供たちに私ができることは、ここの比較的安全と思われる食物を食べてもらうこと、なるべく楽しい思いをさせること、
そして、私がいなくなっても強く生きていけるように心がまえを伝えること。
そして、もし子供たちが病気になったら、くじけないで人生をぎりぎりまで生ききられるように心を強くもってもらうこと。

今はそう思っています。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FnnnP事務局

Author:FnnnP事務局
福島乳幼児妊産婦ニーズ対応プロジェクト(FnnnP)では、原発事故後、小さな子どもを抱えるご家族を中心に、福島県からの保養・避難のサポートや実態調査を行ってきました。同様に、 福島県内の子育て団体と協力し、実態調査を行い、明らかになったニーズに対応してきました。
(公式ブログ:http://fukushimaneeds.blog50.fc2.com/)

※なお、お手紙の掲載にあたりましては、ご本人の了承を得て事務局より連絡し、掲載の最終確認を頂いたお手紙のみを掲載しています。また、お名前や居住地等もご希望に沿い、修正や削除の希望がない限り原文通り(誤字等も含む)、全文を記載しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。