スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイトルなし

Aさん(避難⇒県内在住)
-----------------------------------
お母さん、あなたならこんな時どういう選択をしたのでしょう?

あなたは、食の安全、添加物や、農薬、地球環境にも注意を払って子育てをしてくれていましたね。

いま、信じられないコトが次々と起こっています。

3.11以降見えない物に怯えて生活する毎日。一時避難もしました。

たくさん手を差し伸べてくれる方もいました。優しい言葉をかけてくれる方もいました。けれども、子供達はいつ帰れるのか、いつ家族に会えるのかと不安な表情を浮かべていました。三歳の上の子は赤ちゃん返りが激しくなり、トイレも一人で行けなくなり、おもらしをするようになってしまいました。

下の6ヶ月の子は夜泣きをするようになり、たまに会う父親に会っても忘れているのか、なつかず泣く始末。。。知らない土地での子育ては想像以上に大変でした。
福島の情報もほとんど入らず、地元はどうなっているのか知りたい気持ちでいっぱいでした。

結局、放射能の前に精神的にダメになると思い、避難はあきらめました。けれども、私はいまだにこれで良かったのか悩み続けています。

帰ってきても、除染は一部だけ。線量計を持って生活する状態。口に入る物は全て汚染されているのではと疑い…線量を測りながらと不安はつきません。事故直後、母乳と下の子の尿検査もしてもらいました。下の子の尿検査の結果内部被曝していると言われました。ショックでした。
けれども、そんな時いい出会いがありました。食べ物は信用できる所から買い、子供には食べさせるようにしました。

休みの日はなるべく線量が低い場所へ出掛け外遊びをさせてあげるようにしています。
子供は外遊びが大好きだから。

弱音ばかり吐いてはいられませんよね。苦しんでいるのは自分だけではない!今の置かれている状況でいかに上手に生きれるか、そう自分に言い聞かせて…

でも、ふとあなたならどんな選択をしたのだろうと考えます。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FnnnP事務局

Author:FnnnP事務局
福島乳幼児妊産婦ニーズ対応プロジェクト(FnnnP)では、原発事故後、小さな子どもを抱えるご家族を中心に、福島県からの保養・避難のサポートや実態調査を行ってきました。同様に、 福島県内の子育て団体と協力し、実態調査を行い、明らかになったニーズに対応してきました。
(公式ブログ:http://fukushimaneeds.blog50.fc2.com/)

※なお、お手紙の掲載にあたりましては、ご本人の了承を得て事務局より連絡し、掲載の最終確認を頂いたお手紙のみを掲載しています。また、お名前や居住地等もご希望に沿い、修正や削除の希望がない限り原文通り(誤字等も含む)、全文を記載しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。