スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「今、あなたに伝えたい・・震災2年後の「フラメンコ発表会」」

Fさん(県内在住)
---------------------------------
今、あなたに伝えたい・・震災2年後の「フラメンコ発表会」

2013年4月28日(日)、郡山市民文化センターで開催された「エミ・フラメンコアカデミア発表会・・TRADICIONAL―伝承―」のステージは、満員の観客を魅了した。

3年ぶりに開催されたこの発表会は、通常であれば昨年開催されるべきもの(2年ごとに開催)であったが、2011年3月11日の「東日本大震災」の影響で郡山市民文化センターも甚大な被害を受け、昨秋やっと改修工事が終了したばかりであった。

フラメンコクラスの中にも、震災後の原発事故の影響や福島に対する風評被害の大きさに、全国各地に避難したり、身体の不調を訴えたり、精神的に落ち込んだりして辞めていく仲間も出てきた。

一人ひとりが「このままフクシマに残っていていいのか?」「フラメンコを踊っていていいのか?」と自問自答しながら悩み続けていた。

エミ・フラメンコアカデミア講師のS先生は当時2歳の子を抱え、郡山市から県内一放射線量の低い南会津に引っ越そうか・・と本気で考えていたが、通常でも車で片道2時間はかかるうえに、冬の会津は雪が多く、郡山の教室に通うにはあまりにも不便であるために断念したと私に話してくれた。

その先生が2012年春、家族(夫と子ども)3人でスペインに旅立った。

たくさんの悩みを抱えながらの渡西であった。

そのスペインでは、「フクシマから来た」と言うと誰しもが心配し、力づけてくれたとのこと。

先生はこのことを「好きで始めたフラメンコ。震災前はなんの疑いもなくフラメンコを夢中でやってきましたが、震災後、フラメンコをやっている場合なのか?私にとってフラメンコってなに?フラメンコで子どもの生命は救えないなど、フラメンコが好きなのかさえもわからなくなっていた私に、スペインの人々は好きなものに理由はない。歌い、奏で、踊る。ただこれだけ。ここに来たらみんなfamilyだ、と言ってハグするバルのおじさん。いいよ・・と言うまで歌い続けるカンテ(歌)のおじさん。フラメンコを通じて、勇気づけてくれました。なんとも言えない温かい気持ちに包まれました」と書いている。

2か月半後に帰国し、またフラメンコ教室を再開した先生は「2013年春に発表会を開くよ、頑張ろう!」と力強く私たちに宣言し、その思いを「スペイン紀行」6曲に表現し、全生徒が一丸となって取り組んだ発表会。

フィナーレは「I LOVE YOU 福島 &フラメンコ」を全員で歌い踊り、さらに会津の「起き上がり小法師」を会場にプレゼント・・という演出に、観客から惜しみない拍手と声援が贈られた。

東京から来てくれたアーティストの皆さん(ギター・カンテ計3人)も、「この発表会に出演出来てよかった」と言ってくれたそうな。私たち一人ひとりも本当に感激して、こみあげてくるものがあった。

私自身、フラメンコを習い始めて20年になる。今まで何回も発表会などは経験してきたが、今回ほど、素晴らしい・・と自分で震えを感じた発表会は初めてであるし、見に来てくれた友人たちも「感激した、すごかった」とすぐに連絡をくれた。こういうことも初めてであった。

私は、震災後すぐ病後の夫(胃がんで全摘)を連れ、少しでも放射能を避けようと、山形市(夫の実家)と藤沢市(長女が居住)に避難した。しかし、東京から郡山への高速バスが運用されたと聞いて、矢も楯もたまらず郡山に帰ってきた。いくら身内とはいえ、自宅で過ごすようなわけにはいかなかったのだ。

近所に住んでいた長男の家族は、山形市に母子避難(長男の妻、孫2人)をしている。長男は仕事の都合で郡山に残り、週末に山形に会いに行く生活が1年半以上続いている。孫たちは山形市で、小学生、幼稚園生となった。自主避難者の高速道路無料化がやっと最近になって認められたが、経済的にも精神的にももう限界ではないか・・と思う。

フラメンコ発表会を通して自分自身がどうだったのか・・改めて考えさせられた。
スポンサーサイト
プロフィール

FnnnP事務局

Author:FnnnP事務局
福島乳幼児妊産婦ニーズ対応プロジェクト(FnnnP)では、原発事故後、小さな子どもを抱えるご家族を中心に、福島県からの保養・避難のサポートや実態調査を行ってきました。同様に、 福島県内の子育て団体と協力し、実態調査を行い、明らかになったニーズに対応してきました。
(公式ブログ:http://fukushimaneeds.blog50.fc2.com/)

※なお、お手紙の掲載にあたりましては、ご本人の了承を得て事務局より連絡し、掲載の最終確認を頂いたお手紙のみを掲載しています。また、お名前や居住地等もご希望に沿い、修正や削除の希望がない限り原文通り(誤字等も含む)、全文を記載しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。